2008年01月14日

今のままでもいいですか?

ゆとり教育が学力低下を招き、現在の社会現象となっています。
学力低下など学校のせいにしても仕方がありません。
教育のせいにしても仕方ありません。

先生はその子の人生の全てを見る必要はありません。
自分の学校から無事卒業してくれればそれでいいんです。

しかし、その子は卒業して就職をして働いていくのです。
そこで学力という壁にぶつかります。

私自身、そういう壁にぶつかり、自分のせいじゃない。
学校の教え方が悪いとか、生まれつき自分の頭はバカだからしょうがない。

と、責任転嫁をしていました。
しかし、自分の頭は自分で責任を持たないといけない時代がきました。

あたりまえといえばあたりまえですが、人は他人には関心がありません。

他人が困っていても助けてくれる人は何人いるでしょう。
それならば自分が強くなるしかありません。

庶民がセレブになれるかどうかは早い時期に気付き、正しい判断をして行動を興さなければなりません。

では、それにはどうしたらよいかご存知ですか?

「速聴」という言葉をあなたは知っていましたか?
まだ知らないというあなたはラッキーです☆

マスコミにも取り上げられるようになりましたが、まだ一般的に浸透していません。
今なら無料で始められるし、やってない人は内緒にしてもいいですし。

楽して自分の能力がアップするとなればやりたくなりませんか?

「速聴」であなたの未来が少し楽しくなりますよ(^-^)


「速聴」とは、『速聴機』を使って音声を通常よりずっと速いスピード(2.5〜4倍速)で聴く、脳力開発技法です。
これによって脳が活性化して、記憶力や理解力、判断力などの力がぐんとアップするということが判っています。

「速聴」は、1950年代からアメリカで研究されていましたが、当時のオーディオテープの技術では、音声の速度を上げるとキュルキュルとした高音になって聴き取れませんでした。
その後、世界ではじめて実用に耐えうる4倍速『速聴機』を開発されました。
現在ではテキストや画像の表示も可能なSDカード用のモバイルツールも誕生しました。

7月11日、テレビ東京の人気番組、『月曜エンタぁテイメント』(司会みのもんた氏)で、「速聴」ユーザーのM.Mさん(73歳・会社経営・年商15億) とともに、「速聴」の驚くべき効果が特集されました。途中、M.Mさんの「速聴」時の脳波を大脳生理状態が、ゲスト出演者たちを 驚かせました! 脳は本来、年齢に関わらず活性化できるもの。そのためのトレーニングを毎日無理なく行うのに最適なのが、「速聴」なのです!

★★★★★只今無料プレゼント中★★★★★★★★★★★★★★★★

posted by RAIN at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。